今、絶対知っておきたい10つのこと


01.シリコンバレー

シリコンバレーはカリフォルニア州北部に位置するサンフランシスコ・ベイエリア地域南部を指す言葉である。世界で最も巨大なハイテク、イノベーション、ソーシャルメディア企業の集積地であり、また何千というスタートアップ企業が集まっていることで知られる。

 

より具体的な地理的を解説するとサンタクララ渓谷を取り囲むようになっており、サンフランシスコ半島の南半分、イーストベイの南部にあたる。サンタクララ郡、サンマテオ郡、アラメダ郡の一部もしくは大半を含む場所である。

 

シリコンバレー内の最大の都市はサンノゼで、カリフォルニアで3番目に大きな都市、アメリカ合衆国全体では10番目に大きな都市である。その他のバレー地域に含まれる主要都市としてはパロアルト、メンロパーク(Facebook本社)、クパチーノ(Apple本社)、サンタクララ、マウンテンビュー(Google本社)、サニーベールがある。


02.ビッグテック

ビッグテックとは、おもに米国の情報技術産業の中で最も支配的な企業のことを指す。代表的な企業として、アマゾン、アップル、グーグル、フェイスブック、マイクロソフトの5社が挙げられる。この5社の頭文字をとって「GAFAM」と呼ぶときもある。テクノロジー企業数社のカルテルのことを指すこともある。

 

2000年代の終り頃からこれら5つの企業が、世界的に最も価値のある公開企業に成長しはじめた。それぞれの最大時価総額は、約5000億ドルから約2兆ドルの範囲内で動いた。


03.半導体

半導体を支配する者は、科学技術の将来の支配するものだと言われている。5Gと人工知能は世界に大きな変化をもたらすが、これらすべての技術開発は、半導体技術に関わっている。

 

現在、世界最大の価値のあるブランドであるアップルから、独自のチップを製造するサムスン、ヨーロッパ、米国、日本の大手自動車メーカーまで多くの企業がチップ不足に直面している。今後数四半期で、これらの企業の生産能力が影響を受ける可能性がある。


04.人権問題

今後、ビッグ・テックにおける重要課題のひとつは「人権問題」になる。

 

現在、世界中の何十億もの人々が、Amazon、Google、SNSなどビッグ・テックが提供するサービスに依存して基本的人権を行使するようになっている。しかし、世界中の多くの人々にとって、これら人権関連の管理がビッグテックに集中することはかなりの害を意味なしている。

 

オンラインでこれらのビッグ・テックのサービスの使用を避けることはほぼ不可能になっている。特にFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアとGoogleの検索サービスは、情報にアクセスして情報を広めるためのゲートウェイになっている。

 

これらのプラットフォームは、過激主義とテロ、選挙操作、陰謀論の拡散、脆弱でリスクのあるグループへの影響などの問題に加えて、個人データの収集、使用、商業化などの複雑な問題に関連する新しい課題ももたらしている。

 

このようなリスクに対抗するために、ビッグテックは2020年以降「人権への配慮」を事業戦略、方針、計画に統合が進められるだろう。


05.フィランソロピー(慈善)

フィランソロピーはもともと人類愛を意味するが、現代における一般的な定義は「公共の利益や人々の生活を良くするためにプライベートで活動する人」である。

 

これは20世紀に発展した社会科学的側面と独自の人文主義的伝統を組み合わせたものである。この言葉は慈善事業とビジネス活動を比較するときに利用できる。

 

慈善事業を実践する人は慈善家(フィランソロピスト)と呼ばれる。現代における代表的な慈善家はビル・ゲイツ、メリンダ・ゲイツ、ローレン・パウエル・ジョブズ、ウォーレン・バフェットなどであり、一世代前になるとアンドリュー・カーネギー、ジョン・ロックフェラーなどが挙げられる。