カテゴリ:ラリー・ペイジ



Google共同創業者のラリー・ペイジがフィジーで隠遁生活
25日 7月 2021
Googleの共同創業者であるラリー・ペイジは、パンデミックを逃れてフィジー諸島に隠遁しており、その際、超富裕層がCOVID-19の渡航制限を回避できるように設計されたシステムを利用して入国したという。 隠遁生活を送る億万長者は、フィジー本島の西に位置するハート型のタバルア島に滞在していたと、過去1年で彼を見かけた2人の人物がビジネス・インサイダーに語っている。 ペイジは妻のルシンダ・サウスワースといくつかの島の周辺の海で、ハイドロフォイル(ボードを水面から高くして行うサーフィンの一種の水中翼船)をしているところを目撃されている。